やさしい三味線。初心者さん大歓迎!必ず弾けるようになります。

杵屋勝千華

講師プロフィール

杵屋 勝千華 kineya katsuchika
財団法人 杵勝会所属
社団法人 長唄協会会員
長唄 桃華の会(とうかのかい)会主
杵屋勝千華 in Hawaii 事務所
金城学院大学 文学部 音楽芸術学科 非常勤講師

愛知県名古屋市生まれ。母より手ほどきを受け、初舞台は7歳。22歳の時名取、師範資格を得る。
名古屋・東京・を中心とした、演奏活動をはじめとし、舞踊界での地方、NHKラジオ「邦楽のひととき」などに出演。海外ではハワイ、台湾、韓国でも演奏活動を行い、特にハワイでは邦楽コンサート、学校、病院の訪問、慰問を行い、また生徒指導など、後進の育成に積極的である。
日本では、小学校訪問、大学の非常勤講師を通じ邦楽普及に努める。

教えられること

三味線・長唄

歌舞伎とともに発展してきた長唄、三味線。現代まで残ってきたにはわけがあります。
歴史、時代背景、歌詞なども一緒にお伝えします。

講師からのコメント

初めまして。杵屋勝千華です。三味線と一口に言っても色々と種類がありますが、私のお伝えする三味線は、歌舞伎とともに発展してきた長唄・三味線で、細ざおです。高音で繊細な音色のする三味線だと思います。

初心者の方には、まず「さくらさくら」などから初めて、三味線の持ち方、ばちの握り方、譜面の見かた、三味線の技法(スクイ、ハジキ、など)指使い、からお伝えして、徐々に長唄の曲をお伝えしていこうと思います。

曲の背景、長唄の歴史、そんなことも交えながらおつたえしていきたいです。

 

レッスンノート

すべてのレッスンノートを見る

ブログ

すべてのブログを見る


担当:■■エリア